野菜の効果と役割|著名人も愛用の水素水の効果|便秘さえも解決

著名人も愛用の水素水の効果|便秘さえも解決

老人
このエントリーをはてなブックマークに追加

野菜の効果と役割

野菜

野菜の役割

1人暮らしの方や、仕事が忙しい方などはバランスよく食事をすることが難しいです。そこで、陥りやすいのが野菜不足です。野菜不足になると体にどのような影響がでるのでしょうか。野菜は、カロチンやビタミンC、ビタミンE、食物繊維、カリウムが多く含まれています。これらの成分は、肌の代謝を助けるとともに、腸内環境を良くしたり、免疫力を高めたりといった役割を果たしています。そのため体に必要不可欠な食材なのです。また、人間は一日に350g摂取しなければならないとされています。350gとは、両手いっぱいに乗るくらいの野菜の量を摂取しなければならないのです。この量を三食取り入れるのは非常に難しく、調理法によっては、成分が失われてしまうこともあるのです。

様々な摂取方法

そこで、野菜不足の方におすすめな野菜の摂取方法は、生で食べられる野菜を購入することです。生野菜であれば、調理する手間も省けます。また、すぐに食べられるし、お腹いっぱいになるのでダイエットにもつながります。他にも、冷凍野菜を買ってくることもおすすめです。調理法もチンするだけなので簡単です。それから、野菜を食べることと併用して、野菜ジュースを飲んだり、青汁を飲むことがおすすめです。中でも青汁には、一日に必要な野菜成分がすべて含まれているので、バランス良く取れるところが魅力的です。また、カルシウムなども入っているのでおすすめの健康食品です。他にも、最近では様々なサプリメントが販売されているので、ビタミンなどのサプリメントを飲むことで野菜不足を解消できます。